Artists

008 Foxsky

 

Foxsky

 

Twitter/Facebook

日本人とアフガニスタン人の間に産まれたフォクスキーことナセル・フォクスキーはアメリカ国籍の南カリフォルニアを拠点にするプロデューサー兼DJである。90年代のビデオゲームミュージックに触発された彼のサウンドは、彼の持つそのアグレッシブなドラムパターンセンスやオーケストラ調の複雑な楽曲構成力によってオリジナリティーのあるサウンドへと昇華され、これまでにDiploやExcision、Must Die!、Crookersなどの大物DJたちによってサポートされ続けている。2013年には、デビューシングル「The Whip」をMajor LazerのDiploが主宰するMad Decentよりリリースし、オリジナルはもちろん、ETC!ETC!、The Reef、Udachi、VASSによるリミックスが多くのDJたちによってサポートされた。その後、Play Me Recordsからリリースした「Rattlesnake」はBeatportのHip Hopチャート5位を獲得。またMain CourseやCrookersの主宰するCiao Records、東京を拠点とするTrekkie Traxなどのレーベルからもリリースを果たした。


日本のルーツを持つ彼が、故郷である名古屋で日本初ツアーの初日公演を行った。Music Sneakは彼の貴重な初ライブの幾多の素敵な”瞬間”を動画でアーカイブする。さらに彼の音楽に対するパッションや音楽に触れたきっかけから、幼い頃の日本での思い出までを前後編に分けて英語・日本語共にお伝えしていく。

#Foxsky#初楽器#原体験

What made you start playing music? 音楽を始めたきっかけは何ですか。

 

Foxsky: I started music when I was really young. when I was 10. 

I taught myself to play a guitar. I’ve played for 10 years and then started making electronic stuffs.

Maybe when i was 15 or 16.  Never since then I just got obsessed crazy with it and i just made every day. 

僕が音楽を始めたのは、とても若い時でした。僕が10歳の時です。

独学でギターを学びました。10年間ギターを弾いて、それからelectronic musicを作り始めました。

多分僕が15か16歳の時でしたね。その時からはずっとelectronic music中毒で、毎日音楽をただただ作ってました。

 
Why did you wanna do it everyday? 
なぜ毎日作曲したいと思ったんですか?

Foxsky: Why do I wanna do it..

When I started my school, we used to always, we had like a music class. I went to a private school and we have a music class. They wanted to do a live band for the first time they listed a live band.

They asked us and they said can anybody play guitar? but nobody raise a hand, so I lied. I said I can play just because I thought it’d be really cool that playing guitar and tell people that I play guitar.

Then I started playing guitar, and I really really liked them. So um.. I learned by myself and played and then I just played music towards the morning to the night. 

僕がなぜ作曲したいか…

昔学校が始まった時、音楽の授業のようなものがありましたよね。僕は私立に通っていて、僕らも音楽の授業がありました。初回の授業で、先生が授業でライブバンドをやりたいと言い出しました。

そして先生達が僕たち生徒に対して、「誰かギターが弾ける人はいない?」と聞いたんです。その時誰も手をあげなかったんです。だから僕は嘘をついた。僕はギターが弾けます、と言ったんです。なぜならギターが弾けること自体もだし、人そう言えることがとてもカッコイイことなんじゃないかなと思ったからです。

そこから、ギターを始めました。そして本当に本当に好きになりました。んーと…僕は独学で弾いていて、朝から晩までただひたすらに音楽に向き合っていましたね。

How did you learn a guitar by yourself? 
どうやって独学したのですか?

Foxsky: It’s not that hard! I should probably be a lot better, but if you spend hours and hours every day playing it's easy to learn how to play a little. 

そんなに難しくはないよ!多分僕はもっと上手くならないとな。でも毎日何時間も何時間も弾いていると、ちょっと演奏するだけでも簡単にできるようになりますよ。

Who is the most influential artist in your life? or who inspired you to be so into music? 
人生で最も影響を受けたアーティストはいますか?あるいくは、その人のおかげで音楽に夢中になったという方はいますか?

 

Foxsky

Ah.. when I started playing guitar I really listened to like a lot of live bands like a Linkin Park. They were super super cool and at the time thay are just doing so many new things like they had an electronic stuffs, live music and they are rapping. That was so cool to me.

After that I heard a CD that my sister had called "glow sticks of steel" that was full of 90s rave classics, and I’ve never heard anythings like that and I got obsessed with it. I had no idea how anyone could make those sounds on the computer.

Eventually I heard early Skrillex, and his albums My name is Skrillex and Scary monsters of nice sprites that inspired me so much to learn more about electronic music.

あ~、えっと…僕がギターを弾き始めた時、Linkin Parkのような、ライブバンドの音楽を沢山聴いていました。彼らはスーパーカッコよかったし、当時electronicなものや、生演奏や、ラップをしたり、ただただ新しいことをめっちゃ多く生み出していました。僕にとって、彼らの音楽はとてもカッコよく見えました。

その後、姉が持っていたCDで90年代のレイブな音楽がフルに入っている"glow sticks of steel"を聴いた時、それは僕が今まで聞いたことがないような音楽で、魅力にとりつかれました。どうやったらこんな音楽をコンピューターで、作れるのだろうか全くわかりませんでした。

それから徐々に、Skrillexのアルバム"My name is Skrillex"Scary Monsters & Nice Sprites”を聞いて、非常にインスピレーションを受け、もっとElectorinic musicのことを知りたいと思うようになりました。

How many instruments do you play?
いくつの楽器を演奏しますか?

 

Foxsky: I can play guitar, I’m ok with drums, bass guitar. 

like a lap top, I can play mouse and keyboard! That’s my instruments!

ギターです。ドラム、ベースも弾けます。

あとラップトップかな、マウスとラップトップのキーボードで演奏するよ!それが僕の楽器だから!

 

When you make music, what is the first part to start method to start with?
音楽を作る時、どのパートからつくり始めますか?

 

Foxsky: Usually depends on what kind of song I’m making. but usually I start with a melody in my head. I try really hard not to forget it (笑) if I can make it to the computer. then I usually start with the melody. and right after that it’s all the drums. 

普段だと、どんな曲を作るかによりますが、大体は頭の中で浮かんだメロディから始めます

忘れないようにめっちゃ頑張って覚えておいて(笑)、もし忘れなかったらパソコンで作曲し始めます。PCでメロディから打ち込み始めて、そのあとすぐにドラムス全部をつくります。

 Is the experience of playing guitar influences your music life?
ギターを弾いてきた経験は、今の音楽ライフに影響を与えていますか?

 

Foxsky: I think so. I mean when I was learning at playing guitar, I was looking up all the different kinds of music and there are some really crazy people on a guitar. I started listening to an experimental rock music stuffs like really craze. nothing on a radio. I think that kindda changes how I write a melody with dance music. I think a lot of people writes a melody and dance music better and it’s like really simple. When I tried really hard to make things a little more complicated, yeah I think it helps. That’s sometimes it’s if I had something in my head I played on a guitar. It’s well producing and it feels better. 

はい、そうだと思います。というのは、ギター演奏を覚えている時間のことかな。全ての色んな種類の音楽を聴いていると、中にはギターでとってもクレイジーな人々もいて。とってもクレイジーなExperimental Rock の音源を聴き始めたんですが、ラジオでは放送されていないようなものもあって。そういった音楽を聴いた影響で、僕がDance musicのメロディーを作る方法がちょっと変わったと思います。沢山の人が、より良いメロディーやDance musicを作っていて、それってなんかすごくシンプルなものだったりすると思います。僕が、もうちょっとだけこだわって複雑なものを作ろうした時、yeah..Experimental Rockの音楽が役に立っていると思います。それは時々、何かが頭に浮かんだりして、ギターで弾く時にも。すごくアイデアを生みやすいし、より気持ちよくできる。

 

What was the most impactful memory when you were a kid in Japan?
子供の頃、日本にいた時の、最も衝撃的だった記憶は何ですか。

 

Foxsky:That’s difficult…  I think the most impactful memory is kind of sad, probably my grandma passed away and I came for the service with my family. I was young and didn't really understand what was happening, but it was something I'll also never forget of course….....

これは難しいな…最も衝撃的だった記憶はちょっと悲しいんだ。僕の祖母が亡くなった時に家族で病院に行ったときです。…僕は子供だったので何が起きたのかあまりよくわからなくて、だけど僕にとっては決して忘れることができない出来事だったんだ………続編に続く。

To be Continued

続編に乞うご期待!

 

TREKKIE TRAX pres. Foxsky in Japan

これまで Mad Decent/Jeffree's や Play Me Recoedsからのリリース経験もあるLA在住のプロデューサー“Foxsky”の来日東京公演が決定!彼が2枚のEPをリリースしたTREKKIE TRAXが主宰を務め、“Zekk (from Korea)”や”Carpainter (Live)”、”Masayoshi Iimori”、”TREKKIE TRAX CREW”などの同レーベルのアーティストが豪華出演する事が決定している。またセカンドフロアはSpecial B2Bフロアとして、”103i b2b Redcompass b2b Hercelot”や“Tomato Boyz (freedrill b2b Hojo from Seattle)”などの豪華ゲストも決定している。同イベントはデイタイムに開催されるので、未成年でも楽しめるほか、未成年は500円オフとお得に遊ぶことが可能!是非ゴールデンウィーク前のウォーミングアップとして、世界中からラブコールを受けるTREKKIE TRAXのパーティーを体感してみることをオススメする!

 

 

日時:2017/4/22 (SAT) 14:00~21:00 (Soundcheck 13:00~)

場所:Lounge Neo Tokyo

ADV 2800yen (with 1D) / DOOR:3300yen (with 1D)

※未青年は上記価格から500円OFF  ◆前売り予約は下記のフォームより

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeJ-MpYiUbqmsOij_FhMJYTRmBRc1p_ieWBCXziMnXRzLL5Xw/viewform?usp=sf_link

 

◆Main

Foxsky (from LA)

Zekk (from Korea)

 

Carpainter (Live)

EGL

Cola Splash

Lolica Tonica

Masayoshi Iimori

TREKKIE TRAX CREW

Seimei

 

◆Sub

103i b2b Redcompass b2b Hercelot

Tomato Boyz (freedrill b2b Hojo from Seattle)

 

andrew b2b MORO

Bruno Uesugi b2b ecs

futatsuki b2b Maru

Hojo b2b has

 

◆VJ

Humungas

mika

 

Filming: Junichi Yano

Special Thx for Trekkie Trax and TRENTY and X-HALL -ZEN- / THEATER OSU